読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昊(ひろし)だけど直ちゃん

部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というとその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。


荷物量や、部屋が何階にあるか、そして作業する人数などにより極端に違ってきたりもするのです。


そこをかなり無理矢理、計算してみますと、単身の方の、特に荷物が多い訳ではないケースで30分程度、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば2時間を越えるくらいで、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。
人により引越しのやり方は様々ですが、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。
ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、業者の作業を見ておいた方が良いです。もしも、業者の人が大型の荷物を運んでいる時に誤って破損させたり、傷をつけたりしてしまったら、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。

ただ、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と自分でわかっておく必要があります。引越しは何度もしてきていますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。割れたものが、自作のお皿だったりしたため、ショックは大きかったです。
とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。



これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。
アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋のチェックを隅々まで行います。


無事にこれが済みましたらめでたく退去が叶います。ケースごとに多少違ってきますが、払うべき公共料金の支払いはちゃんと済ませておくことになっていますし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。


引越し先がごく近距離であれば専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引越しはできます。


自家用車を使って、運べるだけの荷物は転居先に運びこみましょう。少量ずつ時間をかけて運んでいくことで積載量の少ない自家用車であっても、たくさんの量を運べます。大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。
このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出はとても激安でできます。今の住まいをどうやって決めたかというと、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。そこで担当してくれた人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。



違う不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると担当の方が仰るので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。
今日においても、引越しの挨拶は必要不可欠なようです。
元の家や引っ越し先の隣人に対して挨拶しておいた方が良いでしょう。挨拶をサボると隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人になる相手には、可能な限りきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。

色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引越しです。ところで様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。

しかし、引越し会社のプランには、荷物の梱包についても会社のサービスとして行ってくれるプランやコースがあります。

そういうことであればここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。
テキパキとした作業で助かりました
素人が行うより、プロなりの手順と方法に任せる方が確実です。また、荷物に何かがあったとしても責任は作業をした業者にあるとして荷物の弁償をしてもらえることもあるようです。引越しを控えて新居へ運ぶ荷物の仕分け作業を始めてみるとそのうちに、要らなくなった家具や家電といった、大型ゴミがうまれます。


引っ越し時に出る粗大ゴミなのですがいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。粗大ゴミは、処分方法をまず、自治体に問い合わせてその通りに処分します。粗大ゴミが、引越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、段取りよく処分していきましょう。地方から就職のために都会にきて一人きりの賃貸生活をすることになった時は、荷物と言えるような荷物もあまりなく、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引越しを済ませました。



荷物の総量がなんとダンボール8個か9個でしたし、レンタルトラックを使ったりするより格安の費用で済みました。



寝具や生活雑貨は向こうで新品を買うつもりでしたので荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。